DAYMARE 1998 体験版 プレイ日記

DAYMARE: 1998

本日は、元インディーバイオ2リメイクとして開発してたけど、カプコンさんにバイオ2リメイク作ってるからちょっと待って!と止められたゲームが、デイメア1998と名を変えて再登場!

そのデイメア1998の体験版が配信されたのでプレイさせてもらいました。

正直かなり好感触でした。

メインメニュー、バイオ愛を感じます。
難易度選択、こちらも愛を感じますね。

New Gameを押してスタートすると難易度、デイメアモードかビギナーモードかを選択し、あとは画面の明るさなどの設定をします。

最初にプレイした時は、よくわからずビギナーモードを選択しました。後にデイメアモードもやりましたが弾が少なくて敵が固く感じました。

スタートするとまずはムービーへ、このおじさんが主役のようですが、、私は渋いおじさま大好きなのですがこの主人公はあまりかっこよくないですね。

でもそんなおじさんもミッションが始まれば、

うんかっこいい!ガスマスクすればみんなかっこいい!

ストーリーは英語しか収録されてないのでよくわかりませんでしたが、雰囲気的には研究所的な所からSOSな通信がきたから、我らが特殊部隊が助けに行くぞ!って感じみたいです。

なので今回はデイメアのいい!って思ったとこを書いていきたいと思います。

デイメアのインベントリはバイオハザードと似ているのですが、インベントリを開くと、

腕についた端末が
ズームされます

かっこいい。画像じゃ伝わりにくいですがこの演出が私的にかなり刺さりました。

SFは苦手なんですが程よく近未来なのは好きなんですよねぇ(例、ディビジョン)

このインベントリから体力や拾ったファイルなどを開くことができます。

でも敵に襲われてる時とかパッと体力みたいんですけど、、って人も安心してください。

ボタンひとつでクイックで体力などを見れます。うーんUIかっこいい。

.

お次はリロードです。リロードは私が確認できたのは三種類です。

まずはクイックリロード。その名の通り早くリロードできるのですが、

足元にマガジンを落としてしまいます。

別に落としてもいいんじゃね?と思いますが、デイメアはリロードがリアル寄りなのでマガジンがないとリロードがすごく手間になってしまいます。

マガジン大事

消費したマガジンにはバラの弾を組み合わせてちゃんと弾を詰めてあげなきゃいけません。

この不自由さをプラスに見るかマイナスに見るかは人それぞれですが、私はリロードにも緊張感が生まれてなかなか刺激的に感じました。

そしてもう一つのリロードが、ちょっとゆっくりリロードです(ちゃんとした名称がわからん)

こちらはリロードボタン長押しでできます。マガジンを落とさずに、ちゃんとポケットにしまってくれます。

ただけっこうもたつくので安全な時にだけ使うようにしましょう。クイックリロードと、もたつきリロードを上手く使い分けて戦いましょう!

あとはインベントリから直接バラの弾を銃と組み合わせる方法ですが、これはすごく手間なので最終手段ですね。マガジンが無くなるとこの方法でしかリロードできなくなるので、マガジンを無くさないように気をつけましょう。

バイオ アウトブレイクみたいにいちいちインベントリ開かなくても、ボタン一つでバラの弾一発ずつ込めてくれたらもっとよかったですねぇ。今後に期待。

とまぁ良かった点を書かせてもらいましたが総評としては、ストーリーは英語しかないからよくわからなかったけど、システム面がすごく好きで体験版やっただけで、まだ気が早いと思いますが、私はバイオ2のリメイクより楽しかったです。

ただ謎解きがわからなかったので、

こちらの方の動画をカンニングしてクリアしちゃいました。

英語しかないので謎解きが不安ですが私は発売日に買っちゃうと思います。

とりあえずスチームにて9月17日に発売しますが、PS4、XBOXでも発売するみたいなので、ぜひぜひ皆さんもデイメア1998でサバイバルしちゃいましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました